明るい白髪染めについて

明るい白髪染めについて

HOME | ヘアーカラー | 明るい白髪染めについて

 brightgrayhair


白髪はオシャレ染めでは染まりません

 
白髪はオシャレ染めでは染まりません

「白髪染めは明るくできない」と言われてしまった。
明るい髪色にしたいけど、白髪があるから無理だよね…
そんな風に思ってはいませんか?
 
 
実は白髪染めでも明るく染めることは可能です!
 
「白髪染めと明るくする方法」や「あなたはなぜ明るくできないと言われてしまうのか?」についてお話ししていきますね。
 
まず、基本的なことなのですが以下のことは基礎知識として覚えておいてください。
 
白髪はオシャレ染めでは染まりません。
 
白髪染めでも明るくするほど、染まりにくく色持ちも悪くなります。
 
髪の状態や自分の求めるものを踏まえて最善の方法を考えることが大切です。
 

最善だと思う4つの提案

明るい白髪染めで一色染め

 
提案1.明るい白髪染めで一色染め
カラー剤もどんどん改良されていますので、各メーカーから明るい色味もどんどん発売されています。
ただし、さきほども説明しましたが「明るい色になるほど染まりにくい」です。
 
明るくできて染まりもいいのは9レベルくらいの明るさです。
 
【明るい白髪染めで一色染め】
メリット
* 時間も最小限
* ブリーチなどを使用しないのでダメージレス
デメリット
* 髪質によっては明るくならないことも
* 明るくはできるが色や質感の表現はしにくい
 
提案2.ハイライトを入れる
 
これは白髪染めを続けている人におすすめな方法です。
3Dカラーとも言われ、明るい色の毛束をホイルで包みたくさん作ることで、髪を明るく見せるテクニック。
 
例えば白髪染め+ハイライトの場合、アルミで覆われた部分は明るいカラー剤を塗ります。
その他の部分は希望の明るさの白髪染めで塗布します。
 
ハイライトが入ることで明るくみえます。(ハイライトの量、使用する薬剤の種類を変えることで仕上がりの明るさを調節可能)
もちろん根本は白髪染めですので、しっかりと染まっています。
【ハイライト】
メリット
* 2回目染めよりも髪に負担が少ない
* 一色染めに飽きた人におすすめ
デメリット
* 美容院でしかできない
* 2回目染めに比べてカラーの自由度は減る


提案3.根元のカラー剤と毛先のカラー剤を塗り分けをして全体に明るく見せる
 
根元の白髪が生えている所には白髪染めを使用し、毛先にはオシャレ染めを使用して全体的に明るく見せることによって希望の色やイメージに近づけていきます。
 
ハイライトのブリーチを使用した場合と比べると部分的には明るくは見えませんが全体が明るくなり繰り返すことにより、明るくなります。
 
【薬剤をぬり分ける】
メリット
  • 全体的に明るくなっていく
  • 色味が綺麗に出やすくなる

 
デメリット

  • 髪の状態によっては明るくなりずらい
  • 明るくする薬剤を使用するためダメージがでてしまうことも

 
提案4.オルディーブ  クリスタルカラーを使用する
 
明るい白髪染めを希望の方にオススメカラー剤、オルディーブ  クリスタル
 
一般的な白髪染めの薬剤には染まりやすさや色持ちを持続させやすくするために「赤みの入ったブラウン」を使用している事が多く退色すると赤みが出て来ますが、
「オルディーブ クリスタル」は寒色系の赤みの少ないブラウンを7色配合されており退色しても赤みのない綺麗な色味を持続し明るい白髪染めを可能にしました。
 
【オルディーブクリスタルカラー】
メリット

  • ボタニカル成分が入っており毛髪に艶を与える
  • 7色のブラウンが配合されており明るく染まる
  • 通常の白髪染めに比べ色彩が良い

 
デメリット

  • 7色のブラウンが時間差で毛髪に定着するため通常の白髪染めよりもやや時間がかかる



紹介した4つの方法の特徴をふまえてご自身の求めるものに合わせてチョイスしましょう。

もちろん美容師に相談いただければ、ご希望を聞きながら一番いい方法をアドバイスさせていただきます。

オルディーブカラー

 


美容師でも明るくできない場合

実は、美容師でも白髪染めを明るくできない場合はあるんです。
髪の状態にもよりますが、以下の2つのケースに当てはまらないように注意してください。
 
特に2つめは美容院で「むずかしいです!」と断られてしまうことが多いので、要注意です。
 
ケース1.白髪トリートメントを使っている場合
 
すべての白髪染めトリートメントという訳ではなく、「感光性染料」というものを使用しているものです。
感光性染料とは簡単にいうと、日光と染料を反応させて白髪を染めるというもので、硝酸銀という成分が使われているのがネックなんです。このトリートメントをした上から白髪染めを塗ってしまうと髪が緑色になってしまいます。一度なってしまうと、治すのも非常に大変です。
 
このタイプのトリートメントを使われている方には白髪染めはオススメできません。
 
ケース2.毛髪がダメージを受けすぎてしまっている
 
「美容院で、むずかしいと言われた」という人はこれが原因かもしれません。
 
特にホームカラーや縮毛矯正を繰り返しされている方は注意が必要です。明るくしたいのですが毛髪が耐えられなくなっている可能性があります。
 
美容師も最善と判断しての結果ですが、納得いかないなら何人かの美容師に相談ください。
もし出来たとしてもリスクが伴うのは避けられません。
また、お願いとして「難しい」と言われる髪になってしまう前に、サロンケアやホームカラーやホームケアを見直していただけたら嬉しく思います。
 

 

白髪はオシャレ染めでは染まりません

 
白髪はオシャレ染めでは染まりません

「白髪染めは明るくできない」と言われてしまった。
明るい髪色にしたいけど、白髪があるから無理だよね…
そんな風に思ってはいませんか?
 
 
実は白髪染めでも明るく染めることは可能です!
 
「白髪染めと明るくする方法」や「あなたはなぜ明るくできないと言われてしまうのか?」についてお話ししていきますね。
 
まず、基本的なことなのですが以下のことは基礎知識として覚えておいてください。
 
白髪はオシャレ染めでは染まりません。
 
白髪染めでも明るくするほど、染まりにくく色持ちも悪くなります。
 
髪の状態や自分の求めるものを踏まえて最善の方法を考えることが大切です。
 

最善だと思う4つの提案

明るい白髪染めで一色染め

 
提案1.明るい白髪染めで一色染め
カラー剤もどんどん改良されていますので、各メーカーから明るい色味もどんどん発売されています。
ただし、さきほども説明しましたが「明るい色になるほど染まりにくい」です。
 
明るくできて染まりもいいのは9レベルくらいの明るさです。
 
【明るい白髪染めで一色染め】
メリット
* 時間も最小限
* ブリーチなどを使用しないのでダメージレス
デメリット
* 髪質によっては明るくならないことも
* 明るくはできるが色や質感の表現はしにくい
提案2.ハイライトを入れる
 
これは白髪染めを続けている人におすすめな方法です。
3Dカラーとも言われ、明るい色の毛束をホイルで包みたくさん作ることで、髪を明るく見せるテクニック。
 
例えば白髪染め+ハイライトの場合、アルミで覆われた部分は明るいカラー剤を塗ります。
その他の部分は希望の明るさの白髪染めで塗布します。
 
ハイライトが入ることで明るくみえます。(ハイライトの量、使用する薬剤の種類を変えることで仕上がりの明るさを調節可能)
もちろん根本は白髪染めですので、しっかりと染まっています。
【ハイライト】
メリット
* 2回目染めよりも髪に負担が少ない
* 一色染めに飽きた人におすすめ
デメリット
* 美容院でしかできない
* 2回目染めに比べてカラーの自由度は減る


提案3.根元のカラー剤と毛先のカラー剤を塗り分けをして全体に明るく見せる
 
根元の白髪が生えている所には白髪染めを使用し、毛先にはオシャレ染めを使用して全体的に明るく見せることによって希望の色やイメージに近づけていきます。
 
ハイライトのブリーチを使用した場合と比べると部分的には明るくは見えませんが全体が明るくなり繰り返すことにより、明るくなります。
 
【薬剤をぬり分ける】
メリット
  • 全体的に明るくなっていく
  • 色味が綺麗に出やすくなる

 
デメリット

  • 髪の状態によっては明るくなりずらい
  • 明るくする薬剤を使用するためダメージがでてしまうことも

 
提案4.オルディーブ  クリスタルカラーを使用する
 
明るい白髪染めを希望の方にオススメカラー剤、オルディーブ  クリスタル
 
一般的な白髪染めの薬剤には染まりやすさや色持ちを持続させやすくするために「赤みの入ったブラウン」を使用している事が多く退色すると赤みが出て来ますが、
「オルディーブ クリスタル」は寒色系の赤みの少ないブラウンを7色配合されており退色しても赤みのない綺麗な色味を持続し明るい白髪染めを可能にしました。
 
【オルディーブクリスタルカラー】
メリット

  • ボタニカル成分が入っており毛髪に艶を与える
  • 7色のブラウンが配合されており明るく染まる
  • 通常の白髪染めに比べ色彩が良い

 
デメリット

  • 7色のブラウンが時間差で毛髪に定着するため通常の白髪染めよりもやや時間がかかる



紹介した4つの方法の特徴をふまえてご自身の求めるものに合わせてチョイスしましょう。
もちろん美容師に相談いただければ、ご希望を聞きながら一番いい方法をアドバイスさせていただきます。
 

オルディーブカラー
 


美容師でも明るくできない場合

実は、美容師でも白髪染めを明るくできない場合はあるんです。
髪の状態にもよりますが、以下の2つのケースに当てはまらないように注意してください。
 
特に2つめは美容院で「むずかしいです!」と断られてしまうことが多いので、要注意です。
 
ケース1.白髪トリートメントを使っている場合
 
すべての白髪染めトリートメントという訳ではなく、「感光性染料」というものを使用しているものです。
感光性染料とは簡単にいうと、日光と染料を反応させて白髪を染めるというもので、硝酸銀という成分が使われているのがネックなんです。このトリートメントをした上から白髪染めを塗ってしまうと髪が緑色になってしまいます。一度なってしまうと、治すのも非常に大変です。
 
このタイプのトリートメントを使われている方には白髪染めはオススメできません。
 
ケース2.毛髪がダメージを受けすぎてしまっている
 
「美容院で、むずかしいと言われた」という人はこれが原因かもしれません。
 
特にホームカラーや縮毛矯正を繰り返しされている方は注意が必要です。明るくしたいのですが毛髪が耐えられなくなっている可能性があります。
 
美容師も最善と判断しての結果ですが、納得いかないなら何人かの美容師に相談ください。
もし出来たとしてもリスクが伴うのは避けられません。
また、お願いとして「難しい」と言われる髪になってしまう前に、サロンケアやホームカラーやホームケアを見直していただけたら嬉しく思います。
 

 

web coupon

ホットペッパービューティーでお得なクーポンをゲット!
近くの美容室をタップしてください。

web coupon

ホットペッパービューティーで
お得なクーポンをゲット!
近くの美容室をタップしてください。
 
 

他にもこんな記事が読まれています


ヘアカラーの色持ちが悪い3つの原因

サロンでキレイに染めてもらったヘアカラーを長く楽しみたい!

グレイカラー(白髪染め)の色落ちでお困りな方へ

グレイカラー(白髪染め)の色落ちでお困りな方へ退色の原因と改善方法!

カラーで頭皮がなぜ染みるのか

薬剤だけではなく、体質、頭皮にも原因があるります。

明るい白髪染めについて

白髪はオシャレ染めでは染まりません。

【ハイライトカラー】と【グラデーションカラー】

立体感を作るハイライトカラーと毛先ほど明るいグラデーションカラー

他にもこんな記事が読まれています


ヘアカラーの色持ちが悪い3つの原因

サロンでキレイに染めてもらったヘアカラーを長く楽しみたい!
続きを読む


グレイカラー(白髪染め)の色落ちでお困りな方へ

グレイカラー(白髪染め)の色落ちでお困りな方へ退色の原因と改善方法!
続きを読む


カラーで頭皮がなぜ染みるのか

薬剤だけではなく、体質、頭皮にも原因があるります。
続きを読む


明るい白髪染めについて

白髪はオシャレ染めでは染まりません。
続きを読む


【ハイライトカラー】と【グラデーションカラー】

立体感を作るハイライトカラーと毛先ほど明るいグラデーションカラー
続きを読む