グレイカラー(白髪染め)の色落ちでお困りな方へ

グレイカラー(白髪染め)の色落ちでお困りな方へ

HOME | ヘアーカラー | グレイカラーの退色について

 graycolor


退色の原因と改善方法!

 
退色の原因と改善方法

 
「染めたばかりなのに色がすぐ落ちてきちゃった〜」
 「数週間でだんだん明るくなって来た、毎月全体に染めないと駄目なの?」
 「白髪染めして色が落ちてくると、髪色が赤くなって来たりオレンジっぽくなって来ちゃうのよ」
などなどヘアカラーの色落ち(退色)でお困りの方も大勢いるのではないでしょうか?
 では、なぜ色落ちが進んで行くのでしょうか?原因は色々。
 そもそもなぜ色落ちしていくのかを考えて行きましょう!!
 

髪の毛を染めるカラー剤は大きく役割が2つあります。

 
オルディーブ

 
 
  1. 髪の毛を明るくする役割
  2. 髪の毛に色味を入れる役割

 
この2つがありメラニン色素を分解して明るくし、そこに色味が入ってくるという役割を1つのお薬で同時にしてます。
なので、入った(染まった)色味が落ちるとメラニン色素を分解した明るくなった髪の毛が退色した色味としてで出来ます。
 
これは染める明るさや暗さ、カラー剤の色味にもよって早い遅いの違いは出てきます。


●希望色による退色
どんな明るさ、どんな色味に染めてます?
 カラー剤は、明るくする役割と色味を入れる役割が同時に髪の中で行われているので、
 明るいカラー剤=色味が薄い
 暗いカラー剤=色味が濃い
 となるのが一般的です。
 なので、明るめの白髪染めは仕上りはファッションカラーに近いトーン(明るさ)の高い仕上りになりますが髪の中に入っている色味は薄いので色落ちも明るければ明るいほど早いと思われます。
 
暗めの白髪染めの仕上りはトーンは低いけど色持ちも良く退色もしにくいと思われます。
ただ、カラー剤によっては赤く退色しやすかったり、明るめの髪色にチェンジしたい時に難しくなるケースも多くあります。


●髪質による退色
 
色味がすぐ抜けて黄色っぽくなったり、逆に赤っぽくなったりしてしまう方も大勢いるかと思います。
これは、元々の自分の持っているメラニン色素の質や量で決まってきます。
 
このように髪質での退色の違いは人それぞれです。
そのほかにも日常生活の中でも退色の原因はいくつもあります。
 
●シャンプー剤による退色
 
特に市販のシャンプー剤は退色しやすいと言われています。
洗浄成分が高く、汚れはしっかり落ちるのですが、汚れと一緒にカラーも落ちやすいです。


長時間のドライヤーやアイロン、コテ(熱)による退色
 
ヘアカラーは熱にとっても弱いです。
毎日のドライヤーは欠かせませんが
高熱の長時間のドライヤーの熱によっても退色は進んで行きます。
アイロン、コテも同様に高熱での退色と
高熱を当て続ける事で発生する髪へのダメージでも退色を早めてしまいます。



退色をふせぐ7つ解決策

では、どうすれば色持ちを良く出来るでしょうか?
色持ち対策をいくつかご紹介して行きます。


1,「希望の明るさよりも1〜2トーン暗めにオーダーする。」
 
理想の明るさで染めると1週間〜2週間で少しずつ色落ちして気になる方も多いと思います。
 
なので、色素を深めに入れることで退色してきた1週間ほどでちょうど良い色になるのと、色素が濃いめに入っているため色持ちが良いのです。暗くなるのに抵抗ある方は1トーン暗めでオーダーすると良いと思います。


2,「無毒化システム」有機イオン化ミネラルがオススメ!
 
当店ではカラーやパーマの際に発生するダメージの原因となるアルカリ剤(ジアミン)やアンモニア、活性酸素などを化学反応で無毒化し、別の無害成分に変化させることが出来るトリートメント、「有機イオン化ミネラル」があります。
 
ダメージを軽減させるだけで無く
カラー中またはカラー後の刺激やかゆみを抑えたり、カラー剤の残臭も取ってくれます。
カラーを繰り返すことで起こる(約100〜150回)ジアミンアレルギーになる確率も軽減してくれます。
 
頭皮や髪の健康になりカラーの色持ちも持続すること間違いないでしょう。


3,「カラー当日はお家でのシャンプーは控える」
 
色味が髪の毛に定着しきるには24時間かかると言われています。
 
例えば昼間染めてその夜にシャンプーしてしまうと定着前の色素が流れてしまう可能性もあります。
 
色が全て抜けることはないですが退色でお悩みの方にはその日のシャンプーは控えて頂くことをオススメします。


4,「シャンプー剤を見直す。」
 
カラーの退色の原因として毎日お家で使うシャンプー剤も原因となります。
 
特に市販のシャンプー剤はカラーが抜けるスピードがとても早いです!
 
洗浄成分が優しい「アミノ酸系シャンプー」や「ノンシリコンシャンプー」
などを使って頂けると毎日のヘアケアにもなるのでオススメです!
サロンで販売しているシャンプーを使って頂けると一目瞭然ですよ!!


5,「ドライヤーですぐ乾かす。」
 
髪が濡れている状態は1番不安定な状態です。
 
水分で髪の毛が膨潤し、キューティクルが開いている状態なので髪の毛の栄養素が抜けやすくカラーも退色しやすい原因となります。
 
自然乾燥や半乾きは色持ちも悪くしますしダメージにも繋がりますよ。
 
ただし、 乾かし過ぎには注意して下さいね!
高熱を当て続けると髪の毛がダメージしてカラーの退色にも繋がってしまいます。
 
そこで
復元ドライヤー

 
6,低音ドライヤー「復元ドライヤー」が超オススメ!
 
人間の細胞回復促進に効果がある「育成光線」や
抗酸化力で細胞を元気にする「マイナス電子(イオン)」が大量に放出!!(滝ツボの2倍)
 
そして「低温」で乾かせるのでドライヤーを当てながらヘアケア出来る今までにないドライヤーです。
 
一般的なドライヤーの温度は120〜140度ですが、「復元ドライヤー」は65〜80度となってますので髪の毛や地肌にも負担をかけません。
 
消費電力も750W(一般的なドライヤーは1200〜1500W)なので電気代も大幅カット出来る優れものですよ!!


7,「赤っぽく抜ける方にオススメカラー剤、オルディーブ  クリスタル。」
 
一般的な白髪染めの薬剤には染まりやすさや色持ちを持続させやすくするために「赤みの入ったブラウン」を使用している事が多く退色すると赤みが出て来ますが、
「オルディーブ クリスタル」は寒色系の赤みの少ないブラウンを7色配合されており退色しても赤みのない綺麗な色味を持続できます。
ダメージも少なく仕上りも上質ですよ!!
退色すら楽しめるカラー剤です。
 
勿論、綺麗なピンク系な色味も充実してますよ!

綺麗なピンク系な色味


退色の原因などは様々ですがVANCOUNCILではお客様1人1人のお悩みに合わせたカラーをご提案させて頂きますので、是非相談してみて下さい。( ^_^)/~~~
 

 

退色の原因と改善方法!

 
退色の原因と改善方法

 
「染めたばかりなのに色がすぐ落ちてきちゃった〜」
 「数週間でだんだん明るくなって来た、毎月全体に染めないと駄目なの?」
 「白髪染めして色が落ちてくると、髪色が赤くなって来たりオレンジっぽくなって来ちゃうのよ」
などなどヘアカラーの色落ち(退色)でお困りの方も大勢いるのではないでしょうか?
 では、なぜ色落ちが進んで行くのでしょうか?原因は色々。
 そもそもなぜ色落ちしていくのかを考えて行きましょう!!
 

髪の毛を染めるカラー剤は大きく役割が2つあります。

 
オルディーブ

 
 
  1. 髪の毛を明るくする役割
  2. 髪の毛に色味を入れる役割

 
この2つがありメラニン色素を分解して明るくし、そこに色味が入ってくるという役割を1つのお薬で同時にしてます。
なので、入った(染まった)色味が落ちるとメラニン色素を分解した明るくなった髪の毛が退色した色味としてで出来ます。
 
これは染める明るさや暗さ、カラー剤の色味にもよって早い遅いの違いは出てきます。


●希望色による退色
どんな明るさ、どんな色味に染めてます?
 カラー剤は、明るくする役割と色味を入れる役割が同時に髪の中で行われているので、
 明るいカラー剤=色味が薄い
 暗いカラー剤=色味が濃い
 となるのが一般的です。
 なので、明るめの白髪染めは仕上りはファッションカラーに近いトーン(明るさ)の高い仕上りになりますが髪の中に入っている色味は薄いので色落ちも明るければ明るいほど早いと思われます。
 
暗めの白髪染めの仕上りはトーンは低いけど色持ちも良く退色もしにくいと思われます。
ただ、カラー剤によっては赤く退色しやすかったり、明るめの髪色にチェンジしたい時に難しくなるケースも多くあります。


●髪質による退色
 
色味がすぐ抜けて黄色っぽくなったり、逆に赤っぽくなったりしてしまう方も大勢いるかと思います。
これは、元々の自分の持っているメラニン色素の質や量で決まってきます。
 
このように髪質での退色の違いは人それぞれです。
そのほかにも日常生活の中でも退色の原因はいくつもあります。
 
●シャンプー剤による退色
 
特に市販のシャンプー剤は退色しやすいと言われています。
洗浄成分が高く、汚れはしっかり落ちるのですが、汚れと一緒にカラーも落ちやすいです。


長時間のドライヤーやアイロン、コテ(熱)による退色
 
ヘアカラーは熱にとっても弱いです。
毎日のドライヤーは欠かせませんが
高熱の長時間のドライヤーの熱によっても退色は進んで行きます。
アイロン、コテも同様に高熱での退色と
高熱を当て続ける事で発生する髪へのダメージでも退色を早めてしまいます。



退色をふせぐ7つ解決策

では、どうすれば色持ちを良く出来るでしょうか?
色持ち対策をいくつかご紹介して行きます。


1,「希望の明るさよりも1〜2トーン暗めにオーダーする。」
 
理想の明るさで染めると1週間〜2週間で少しずつ色落ちして気になる方も多いと思います。
 
なので、色素を深めに入れることで退色してきた1週間ほどでちょうど良い色になるのと、色素が濃いめに入っているため色持ちが良いのです。暗くなるのに抵抗ある方は1トーン暗めでオーダーすると良いと思います。


2,「無毒化システム」有機イオン化ミネラルがオススメ!
 
当店ではカラーやパーマの際に発生するダメージの原因となるアルカリ剤(ジアミン)やアンモニア、活性酸素などを化学反応で無毒化し、別の無害成分に変化させることが出来るトリートメント、「有機イオン化ミネラル」があります。
 
ダメージを軽減させるだけで無く
カラー中またはカラー後の刺激やかゆみを抑えたり、カラー剤の残臭も取ってくれます。
カラーを繰り返すことで起こる(約100〜150回)ジアミンアレルギーになる確率も軽減してくれます。
 
頭皮や髪の健康になりカラーの色持ちも持続すること間違いないでしょう。


3,「カラー当日はお家でのシャンプーは控える」
 
色味が髪の毛に定着しきるには24時間かかると言われています。
 
例えば昼間染めてその夜にシャンプーしてしまうと定着前の色素が流れてしまう可能性もあります。
 
色が全て抜けることはないですが退色でお悩みの方にはその日のシャンプーは控えて頂くことをオススメします。


4,「シャンプー剤を見直す。」
 
カラーの退色の原因として毎日お家で使うシャンプー剤も原因となります。
 
特に市販のシャンプー剤はカラーが抜けるスピードがとても早いです!
 
洗浄成分が優しい「アミノ酸系シャンプー」や「ノンシリコンシャンプー」
などを使って頂けると毎日のヘアケアにもなるのでオススメです!
サロンで販売しているシャンプーを使って頂けると一目瞭然ですよ!!


5,「ドライヤーですぐ乾かす。」
 
髪が濡れている状態は1番不安定な状態です。
 
水分で髪の毛が膨潤し、キューティクルが開いている状態なので髪の毛の栄養素が抜けやすくカラーも退色しやすい原因となります。
 
自然乾燥や半乾きは色持ちも悪くしますしダメージにも繋がりますよ。
 
ただし、 乾かし過ぎには注意して下さいね!
高熱を当て続けると髪の毛がダメージしてカラーの退色にも繋がってしまいます。
 
そこで
復元ドライヤー

 
 
6,低音ドライヤー「復元ドライヤー」が超オススメ!
 
人間の細胞回復促進に効果がある「育成光線」や
抗酸化力で細胞を元気にする「マイナス電子(イオン)」が大量に放出!!(滝ツボの2倍)
 
そして「低温」で乾かせるのでドライヤーを当てながらヘアケア出来る今までにないドライヤーです。
 
一般的なドライヤーの温度は120〜140度ですが、「復元ドライヤー」は65〜80度となってますので髪の毛や地肌にも負担をかけません。
 
消費電力も750W(一般的なドライヤーは1200〜1500W)なので電気代も大幅カット出来る優れものですよ!!


7,「赤っぽく抜ける方にオススメカラー剤、オルディーブ  クリスタル。」
 
一般的な白髪染めの薬剤には染まりやすさや色持ちを持続させやすくするために「赤みの入ったブラウン」を使用している事が多く退色すると赤みが出て来ますが、
「オルディーブ クリスタル」は寒色系の赤みの少ないブラウンを7色配合されており退色しても赤みのない綺麗な色味を持続できます。
ダメージも少なく仕上りも上質ですよ!!
退色すら楽しめるカラー剤です。
 
勿論、綺麗なピンク系な色味も充実してますよ!

綺麗なピンク系な色味


退色の原因などは様々ですがVANCOUNCILではお客様1人1人のお悩みに合わせたカラーをご提案させて頂きますので、是非相談してみて下さい。( ^_^)/~~~
 

 


他にもこんな記事が読まれています


ヘアカラーの色持ちが悪い3つの原因

サロンでキレイに染めてもらったヘアカラーを長く楽しみたい!

グレイカラー(白髪染め)の色落ちでお困りな方へ

グレイカラー(白髪染め)の色落ちでお困りな方へ退色の原因と改善方法!

カラーで頭皮がなぜ染みるのか

薬剤だけではなく、体質、頭皮にも原因があるります。

明るい白髪染めについて

白髪はオシャレ染めでは染まりません。

【ハイライトカラー】と【グラデーションカラー】

立体感を作るハイライトカラーと毛先ほど明るいグラデーションカラー

他にもこんな記事が読まれています


ヘアカラーの色持ちが悪い3つの原因

サロンでキレイに染めてもらったヘアカラーを長く楽しみたい!
続きを読む


グレイカラー(白髪染め)の色落ちでお困りな方へ

グレイカラー(白髪染め)の色落ちでお困りな方へ退色の原因と改善方法!
続きを読む


カラーで頭皮がなぜ染みるのか

薬剤だけではなく、体質、頭皮にも原因があるります。
続きを読む


明るい白髪染めについて

白髪はオシャレ染めでは染まりません。
続きを読む


【ハイライトカラー】と【グラデーションカラー】

立体感を作るハイライトカラーと毛先ほど明るいグラデーションカラー
続きを読む